SDGsへの取り組み

未来へ誰ひとり取り残さない。
岩舘電気ができること。成すべきこと。

 昨今、よく耳にするSDGsとは、持続可能な開発目標Sustainable Development Goalsの略称で、国際社会共通の目標です。

 当社でも、現在を生きる我々が豊かになるだけでなく、未来のため、できることを少しづつ取り組んでいます。

 地域の教育のため、リサイクルパソコンの寄付や、体験学習やインターンシップの積極的な受け入れを行っています。その取り組みの中で、電気設備工事に興味を持ち一緒に活動してくれる若い世代の受け入れもしております。

 業界全体では技術者は高齢化は著しく、また技術者の人数も減少しています。当社では、熟練の技術者も働きがいを感じ、その技術を年齢に関係なく発揮できるような体制づくりの真っ最中です。年齢だけでなく、性別にもとらわれない働き方を考えています。

 当社の代表は「イクボス宣言」をしております。男性社員が多いわが社だからこそ、社員が仕事と家庭の両立をできるよう応援しています。

エネルギーについて考えます。

 当社は「電気工事」を行っています。経済活動、社会生活には「電気」は必要不可欠なインフラです。地域の型地域の安心・安全、そして快適な暮らしをのため、高品質の施工をしております。

 また、インフラを整備するだけでなく、 当社では持続可能な社会に向け、再生可能エネルギーである太陽光発電を積極的に導入しております。

 そして、会社の消費電力を社員で確認し節電に努めています。

 当社は「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会」の取組に賛同し、ペットボトルのキャップを集めています。

 集めたペットボトルのキャップは回収業者にリサイクル資源として売り、その売却益をワクチンの費用として寄付できます。

 社会的責任を果たすべく、小さなコトからコツコツと実施していきます。